リフォームもできない家は

実家のある掛川市に新築一戸建てを建てましたが、周辺の空き家が気になります。
リフォームもできないような空き家は、所有者にとっては、好きなように置いておいてもいいのではないか…と思ってしまいがちです。しかし、空き家を取り巻く環境は、変わってきていて、今では非常にマイナスであるといえるでしょう。
空き家を放置することで、様々なデメリットがあるといえます。

まず、一つ目のデメリットとして、空き家の老朽化があります。空き家は、人が住んでいない状態で、密閉状態になっていることから、梅雨の時期などはその湿気が中にこもってしまいがちです。普段生活していると、日頃から手入れをする家ですが、だれも住んでいると手入れをすることが出来ません。このため、どんどん老朽化が進んでいってしまうのです。

また、家は、どんどん資産価値が落ちていくものであるといえるでしょう。居住していても家の資産価値はどんどん価値が落ちますが、空き家の状態で放置しておくことで、土地や建物もどちらも資産価値が落ちていくことになります。
価格の下落なども考えておかないと無駄に維持費を払うことにも繋がるのです。